会社紹介
  BLACK BRAIN Clothingについて

■ブランドコンセプト■

BBCディレクターのiLLNESS曰く、「ブランドコンセプトとかを本気で語るヤツ、アタマおかしいでしょ」とのこと。


■ブランドのはじまり■
2014〜2015年
iLLNESSに加え初期BBCメンバーにてBBC(BLACK BRAIN Clothing)スタート。
インディペンデントにとことんこだわっているようで実はそんなにこだわっていないよくわからないスタイルでインターネット上でよくわからない注目を集める。

KAI-YOUにてインタビュー受けました。こっちでも色々と読めます。
http://kai-you.net/article/49405


初期の人気アイテムはDiaryシリーズ。iLLNESSが撮影した写真をそのままTシャツにプリントするだけというかなりプライマルなシリーズだが、かなりの人気だった。また、Tシャツにネームをつけるのが単にめんどくさかっただけだが「ネームなんてついてる方がむしろワック」とiLLNESSが力強く言い切り、かなりムリヤリ色々とごまかしていた。(※現在のBBC製品には普通にネームはついている)
 
2015〜2016年   
初期BBCメンバー脱退により、iLLNESSのスタンドアローンというかなり自由なスタイルに。この辺で一気にリリースペースなどが適当になる。(仕事を優先しないiLLNESSの生き様がハッキリと出たため売り上げがモロに下がるが本人はまったく気にせず。なんかめんどくさい、しか言わなくなる)
なお、BBCの当時のメンバーとはiLLNESSはいまだにかなり頻繁に会う関係。「マブダチ」とのこと。
 
2016年   
“とりあえず仲間だけでできる範囲でまじでダルめに”というコンセプトがガチガチに固まり、クソな感じのECサイトでほぼ告知なく商品を販売、その後売り切れまでダラダラ売る、という現在のスタイルが定着。
それなのになぜか販売後すぐにBBC商品が完売するという時期が続く。
「めんどくさい人は買わなくていいです」「うちの服はプリントがズレてる場合がありますが、その時は怒らずにむしろ喜んでください」「最近BBCのパチモンが出回ってますが、プリントが汚い方がホンモノのBBCです」とiLLNESSが勝手なことばかり言っていたが、なぜか受け入れられ、この世の不条理にiLLNESSが疑問を感じ始める。
 
2017年
グダグダやっているのにコラボ案件がオニのようにBBCに殺到。
商品は、当初と変わらずiLLNESSがノリでその場その場で決めていた。iLLNESS本人は自分をパンクスと呼ぶが、なぜかラッパーのBBC着用率が高かったため、HIP HOP寄りのブランドと勘違いされることが多かった。

2月
POP is Hereと共にBBC初のPOP UP STOREを展開。
POP UP当日にはラフォーレ原宿前に待機列ができ、想定していなかったPiHのスタッフが焦って整列させたりしていたが、iLLNESS本人はめんどくさいので寝ていた。

POP UP初日の待機列の様子→ https://www.instagram.com/p/BP6eKH8D41M/


8月
ヴィレッジヴァンガードにてPOP UPを開催。

9月
ラフォーレ原宿にて限定色のみを取り扱うPOP UP STOREをスタート。 iLLNESS曰く「ラフォーレめっちゃ好き勝手にやらしてくれるからエエやん」。ラフォーレ原宿での限定アイテムPOP UPは不定期ながらその後も忘れた頃にダラダラと開催される
 
2018年
5月
原宿FR2ギャラリーにてPOP UP STOREを展開

8月
ウェブメディアTABI LABO内CULTUREカテゴリにてiLLNESSインタビュー(前編)(後編)が掲載。
FR2福岡にてPOP UP STOREを展開

以上。
 

■BBC過去商品など■

●Diary Teeシリーズ
iLLNESSが過去、実際に撮影した写真をそのままプリントしたシリーズ。明らかによからぬモノや、iLLNESS自身がオーヴァードーズで緊急搬送される姿などをプリント。
Diary 1に関してはこちら
Diary2に関してはこちら

●ピルボトルシリーズ
BBCのネームにも使用されるピルボトルシリーズをプリント、刺繍したシリーズ。iLLNESS曰く「なんでこれが売れるかまったくわからん」。
11 Bottle L/S Teeに関してはこちら
 
 お問い合わせ営業時間:10:00〜17:00
   祝日:土日祝
   〒156-0043
   東京都世田谷区松原1-50-15-403
   03-6320-8094
   合同会社フラットライン