Diary 2.5 Hoodie-white-
Diary 2.5 Hoodie-white-
Diary 2.5 Hoodie-white-
Diary 2.5 Hoodie-white-

Diary 2.5 Hoodie-white-

(0point)

↑ ↓

SOLD OUT

Diary Series新作はWhiteのプルオーバーフーディーです。
バックプリントは例のアレ。
裏地パイルなので全シーズン着ちゃってください。

[動画iLLNESS instagram ]
https://www.instagram.com/p/BbWl8WdgPuz/?hl=ja&taken-by=illne5s

【サイズ表】
サイズ 着丈 身幅 袖丈
M 67cm 50cm 62cm
L 70cm 53cm 63cm
XL 73cm 56cm 63cm
※手採寸のため、約1インチほどの誤差がございます。 予めご了承ください。
素材:綿100%
※シルクスクリーンプリントは洗濯機での普通のお洗濯は推奨致しません。
洗剤もよくご確認ください。
プリントは永久的なものではございませんので予めご了承下さいませ。

【プリント説明】
おれは、フェニチルアミンをたくさん摂った状態で、モノアミンオキシターゼを阻害するトリプタミンに手を出してしまった。
結果、絵に描いたようなオーヴァードーズ。
心拍数200/分の案件だ。
.あっ、やっちゃった」と思った次の瞬間には、心臓の鼓動が信じられないビートを刻み、「あっこれはたぶん死ぬわ」とすぐに思った。

その瞬間から、おれはとりあえず意識を失う瞬間まで、自分と(一緒にODして倒れた当時のガールフレンドと)警察と救急隊、つまりそのときの自分の回りすべてをスマホのカメラで撮り続けたのだった。

死ぬから残しておかないと、と思ったのかも知れない。
ただ、なんでそうしようと思ったのか、今となってはハッキリと覚えていない。
恐ろしいほどのキマりだったので、覚えていなくともまあしょうがない。.

そして、あのオーヴァードーズで死ななかったおれのもとには、1つ増えた前科と、自分がオーヴァードーズしている現場にオマワリと救急隊がやってくるもようを押さえた写真が何点かだけ残った。

おれは人生で起こったなにかに意味を求めるのは嫌いなタイプだったが、人生を切り売りすることを恐れるタイプでは決してなかった。
つまりはそういうことである。